• 店舗を開業するまでの流れを理解しよう

    現代はサラリーマンの終身雇用制が完全に崩壊している時代だと言えるでしょう。それどころか年功序列制も崩壊し、能力至上主義であり会社が能力なしと判断すると容赦なくリストラする始末なのです。そのためこうしたサラリーマン生活に見切りをつけて独立開業をしようと考える人も多くなっているのです。特に脱サラの人に人気なのがフランチャイズの開業です。フランチャイズは本部がバックアップし支援してくれるので比較的脱サラでもはじめやすいのです。
    フランチャイズの本部に連絡を取るとコンサルタントが自己資金の確認と、経営者としての適性を見極める面談が行われるのです。適性や資本金の審査に通ればいよいよ本部と一緒になって開店するエリアの絞りこみを行うのです。店舗が建設されると同時に経営者としてのスキルを身につけるために本部にて研修や実習を徹底して学ぶのです。
    それが終わり、店舗も建設されたら店舗スタッフの研修や教育を行い、開店準備を着々と進めるのです。晴れて開店できたとしてもフランチャイズの場合は売り上げの何パーセントかを本部にインセンティブとして納める必要があるのです。また完全な独立法人ではないので、本部のマニュアルや経営方針に則して経営を行う必要があります。

  • 開業のメリットとは何だろう

    サラリーマンの年収は停滞状況にあると言えるのです。デフレ経済から日本は脱却できず、物が売れないために企業が資本を内部留保にする傾向にあるからなのです。そのことでサラリーマンの給与が伸び悩む状況にあるのです。そのためサラリーマンをやめ独立開業をしようと決心する人も多いものです。とくにフランチャイズを試みる人も非常に多いものなのです。
    開業のメリットは自分が使われる立場ではなく、人を使う立場になり社長として活躍することが出来るところにあると言えます。自分の意見やヴィジョンをダイレクトに経営に反映させることもできるのです。また利益を出せばサラリーマン時代では考えられないような多くの収入を得ることもできるのです。
    しかし誰もが夢見る社長業ですが、それには大きな責任や義務が発生することを忘れてはいけないのです。人を使うと言うことは、従業員の口を養っていくことでもあり重大な責任が生じるのです。売り上げをあげなければ社員の給与が捻出できず、自分の預貯金や資産を切り崩して捻出しなければいけません。そのため経営ノウハウや人材育成など様々な知識の習得が必要であり、日々多くの勉強や実践が強いられるのは言うまでもありません。